アイキララ 原料

 

 

アイキララの原料は3つの成分が中心となっています。

 

MGA(ビタミンC誘導体)

 

ハロキシル

 

Kコンプレックス

 

この3つが中心となっていますが、詳しく見ていきましょう。

 

 

MGA(ビタミンC誘導体)

MGAとは、ビタミンC誘導体の一種なのですが、
美白・毛穴・ニキビ対策などで万能な作用を持っているビタミンCです。

 

MGAは水分や油分にもなじみやすいので、従来のビタミンCと比べて格段に高い浸透力を持っています。

 

さらに、このMGAはコラーゲン産生を促す作用にも優れれているため、
年齢とともに皮膚痩せしてしまうお肌をサポートするのに適した成分でもあります。

 

 

ハロキシル

ハロキシルとは、目の下のクマの解消に効果的と注目を浴びている成分です。

 

クマの解消のためにフランスの企業が開発した目元専用新原料です。

 

目の下のクマの原因となる血液からの色素沈着を解消してくれる作用があります。

 

色素沈着の解消をサポートする成分で構成され、皮膚に色素がついてしまう茶クマなどのケアに最適です。

 

色素沈着や目の周りの変色、シミ・くすみを改善して目元にハリと弾力を与えてくれます。

 

 

Kコンプレックス

Kコンプレックスとは、血行不良が原因で起こる青クマをサポートする成分です。

 

このKコンプレックスに含まれているビタミンKが、
血流の流れを妨げる血栓を溶かすサポートをしてくれ、血行を良くする作用が期待できます。

 

さらに、天然の植物油でできているので、お肌の保湿効果にも期待できます。

 

 

アイキララは、黒クマ・茶クマ・青クマなどのあらゆるクマのサポートできる成分が考えられています。

 

 

目元が黒く見えてしまうのは、加齢とともに目の周りの皮膚が薄くなることも原因の一つなので、
目元のお肌をふっくらとさせることも大切です。

 

 

アイキララに含まれているMGAは、コラーゲン産生をサポートしてくれるので、
朝晩塗り続けることで、目元の皮膚がふっくらしてライトを浴びたような明るい印象に見えます。

 

目の周りが明るいと、顔全体の印象も明るく見えて健康的に見えるようになりますよ。

 

>>さらに詳しいアイキララの詳細はこちら